不動産管理会社で会社設立

不動産管理会社で会社設立を行う方法について

会社設立を行うことを希望されている独立志向の方が存在していますが、どの業種で会社設立を行うかで迷ってしまうことがあります。近年では一般的な流通業界ではメーカーや卸売業者として参入することが難しい傾向にあります。インターネットなどを利用した場合では、比較的低資金で小売業を行うこともできますが、大きく会社を発展させることを希望されている方の場合では、一つの方法として不動産管理会社で会社設立を行う方法も用意されています。

不動産管理会社とは一般的に認知されている不動産会社と同じスタイルを持ったものになりますが、単に不動産会社という業態の中には仲介業務のみを行っている会社も存在しています。仲介業務とはオーナーの所有する物件の空室について、入居希望者を募って案内することによって、入居が決まった場合に手数料を得ることができる内容を持っています。

その一方で不動産管理業務として会社設立を行う場合では、オーナーとの管理に関する契約を結ぶ必要があり、条件設定によって異なる部分がありますが、一般的に広く行われている内容としては、入退室管理や建物についての管理、ガスや水道などのライフラインの管理全般を行うことになります。
一定のノウハウを必要としている業務内容が多いのですが、住宅設備機器に関連する知識などを持っている場合では、十分に対応することができます。また、入居者からの通報等によって、物件の修繕や工事などを行う場面もありますが、専門的な知識を必要としている場合では、下請けとして専門業者に施工を任せることも行われています。

通常の範囲ではトラブルなどが発生しない限り、入居者からの家賃の回収業務や巡回業務と言って、物件の定期的な清掃を行うことが一般的になります。

不動産管理会社で会社設立を行った場合では、目標として管理物件を増やしていくことが何より大切な業務になります。管理物件を増やすための方法としては、営業範囲に建てられている物件のオーナーと折衝することが必要になるために、まずはアポイントをしっかりと取ることが求められています。この場面では自社で管理することのメリットなどを提示することが必要になり、時には物件のリフォームなどを提案するような場面も用意されています。

その後には、会社の利益が上がった場合に、自社物件などを購入していくことも良い方法になり、このケースでは入居者の家賃収入を得ることができるために、さらに会社を大きく発展させていくことができます。

Copyright© 2017 会社設立が格安でできてしまう便利な代行システムを活用するために All Rights Reserved.