払込証明書について

会社設立と払込証明書について


会社設立は平成18年に施行された新会社法により、従来厳しい規制が有ったものが緩和されています。

規制の緩和の中でも、会社設立する人にとって誰もが楽になったことの一つに資本金の金額があげられます。

従来の会社法の法律の中では、株式会社設立を行うための最低資本金額は1000万円と言う高額なお金が必要でした。

1000万円と言う金額はあまりにもハードルが高く、個人経営を行っている人が簡単に会社を作れない時代であったのです。

そもそも会社設立するメリットと言うのは、従来経費として認められなかったものが経費として認められるようになるなど税金における優遇を受けることが出来る利点や、資金を調達する際に個人経営ですと信頼性なども観点からも融資をしてくれる金融機関が少なく、会社設立をして法人格になることで融資をしてくれる金融機関が増えるなどのメリットがあるのです。

また、社会的にも法人格になる事で信用性も高くなるなどのメリットも有ります。

現在では最低資本金額は1円からでも良くなっていますので、会社を作り易くしてあるのが特徴です。

また、払込証明書についても、資本金の払込みを行ったあとに通帳を記帳することで、資本金を引出して事業資金として利用する事も可能になっており規制が緩和されているのです。

因みに、従来の会社法の法律の中での払込証明書と言うのは、通帳の記帳というものではなく、金融機関が払込証明書を作成したものを登記する際に添付をしなければならなかったのです。

金融機関に対して、証明書の発行および交付を依頼すると言う事も難しいもので、発行してくれる金融機関を探し出すと言う事が必要だったのです。

資本金を払い込みする場合には最低でも1000万円以上の高額資金が必要になるわけですが、これから新しく作る会社と言うのは金融機関にとっては不安要素が多く有りますので、簡単に払込みや証明書の発行をしてくれなかったのです。
これについても、最低資本金額の緩和と同様に、現在では通帳の記帳のみで良くなっているのです。

また、従来は金融機関が払込証明書を作成していたわけですが、現在では会社設立を行う人が自ら行うことが出来るようになっていますので、短時間で作業が出来るなどのメリットも有ります。
資本金を払い込みし、通帳に記帳をしてからコピーをとります。
払込証明書は通帳の入金日の日付が重要となり、通帳の表紙、氏名や口座番号が記載されているページ、入金が記帳されているページをコピーする事で払込み証明書となるのです。

Copyright© 2017 会社設立が格安でできてしまう便利な代行システムを活用するために All Rights Reserved.