Archive for the ‘最近の投稿’ Category

資本金の平均額とは?

2014-10-22

会社設立における資本金の平均額とは?

会社法が改正され新会社法が施行されたのは平成18年5月1日のことです。

従来存在していた有限会社が廃止されたり、合同会社と言う新しい会社スタイルが誕生した他、株式会社を設立する時に必要となる資本金の額も、最低1円からでも会社設立が出来るようになったのは、多くの起業家などに対してメリットが大きい事と言えるのです。

と言うのも、従来の株式会社設立では最低資本金の額は1000万円という高額な費用が必要だったわけです。

資本金を用意できなければ当然会社を作ることが出来ません。

そのため、株式会社を設立するのではなく、有限会社として設立をして来た起業家も多くいるのです。

また、会社設立を行う時には役員の数を集めなければならないなど、従来の会社法の中には様々規制が設けられており、株式会社を設立すると言うのは苦労が絶えないものだったのです。

会社法が改正され、様々な点において緩和が行われたことは言うまでも有りませんが、資本金の額が1円からでも可能になったことは設立費用が少なくても会社設立が出来ると言う事でもあるのです。

因みに、資本金と言うのは会社の規模を表すものでもあり、1円と言う金額で会社設立を行うと言う事は少ないのが特徴です。
では、実際に会社設立を行う時に、それぞれの会社がどのくらいの金額で設立を行っているのかです。

設立時の平均金額というものがインターネットの情報サイトに中に在りますが、この情報サイトによると100万円未満では全体の19.2%、100万円以上300万円以下では31%と最も多く、300万円以上500万未満では21.3%、500万円以上1000万円未満では20.8%となっており、1000万円以上での会社設立を行っているのは全体の7.8%程度になっているのです。

また、このお金は一度振り込みをした後に、貯金通帳に記帳を行う事で払込みを行ったと言う証明になるのが特徴なのですが、会社法が改正される以前では、銀行などの金融機関に対し、払込の証明書の作成を依頼して文書と言う形でその証明書を入手しなければならなかったと言われているのです。
しかし、会社法が改正されたことで通帳の記帳を行い、それの写しをとることで払込みの証明が出来るようになったことは、大きなメリットでもあるのです。

払込証明書は、金融機関が新しい会社を認めると言う事でもあり、そう簡単には払込証明書の発行をしてくれないケースが多かったと言われているのです。

Copyright© 2017 会社設立が格安でできてしまう便利な代行システムを活用するために All Rights Reserved.