新会社法について

新会社法について学ぶ


会社設立には会社法と言う法律があり、会社法に準拠した形で会社設立を行う必要が有ります。

この法律は平成18年に新会社法として新しい法律が制定されました。

従来の会社法と新会社法は規制緩和が行われているのが特徴で、株式会社設立を行う場合は、従来の法律では最低資本金額は1000万円という高額な資金が必要だったのです。

また、資本金は払込みをした後に、取引金融機関に対し、払込の証明書の作成を依頼する事になるのですが、新しい会社に対し、すんなりと払込証明書の作成を行う金融機関は少なく、いくつもの金融機関を探し払込証明書の作成をしてくれる銀行を探さなければならなかったと言われているのです。

しかしながら、新会社法が施行されたことで、この払込証明書は通帳の記帳を取り、それの写しを提出する事で会社登記の受理がおこなれるようになり、会社を作り易くしているのです。

また、従来の会社法では取締役の人数や監査役の人数などに対し規制が設けられていたのです。

個人事業を手掛ける人が株式会社設立を行うためには、取締役の人数は必ず3名以上必要であり、取締役会の設置が義務づけられていたのです。

また、有限会社は従来存在していた会社スタイルの1つであり、有限会社の場合の取締役は1名で良く、しかも株式会社のように取締役会の設置義務が有りませんでしたので、1人で会社設立を行う人の多くは、有限会社での設立を行うケースが多かったのです。

尚、新会社法が施行されたことで、1名での会社設立が可能になっていたり、従来存在していた設置義務と言うものも無くなり規制が緩和されており、一人でも会社設立が出来るようになったのです。

また、会社設立を行う場合は、会社の憲法とも呼ばれている定款を定めなければなりませんが、この定款についても新会社法が施行されたことで柔軟な形になっているのが特徴なのです。

但し、柔軟になっているとはいえ、定款は会社を作るためには重要な文書でもあり、定款の中で定めておくことで効力を持たすことが出来るなどのメリットが有るのです。

このように、新会社法が施行されたことで、1名からでも会社を作ることが出来たり、会社を作る時の最低資本金の額が1円以上から出来ると言うメリットは大きいのです。

因みに、個人事業を手掛ける人が会社と言う法人を設立する事で得られるメリットと言うのは、税金による優遇を受けることが出来る点、銀行などに対して信用を得られる事からも、事業資金の融資を受けやすくしてくれることなどが挙げられます。

Copyright© 2017 会社設立が格安でできてしまう便利な代行システムを活用するために All Rights Reserved.