取締役の人数や取締役会

会社設立を行う時の取締役の人数や取締役会


会社設立を行う時には、会社法と呼ばれる法律に準拠した形で会社設立を行う事が必要となります。
仮に、会社法に違反した形で会社設立を行えば、その会社設立は無効と言う形になるのです。

無効になるかどうかと言うのは、会社設立を行う時誰もが策定をしなければならない定款にあるとされており、定款の中で定めた事が会社法に違反していないことなどが条件となるのです。

また、定款は会社の憲法とも呼ばれる会社設立の中では最も重要とされるもので、定款の中で定めておくことで効力を持たせるなどのメリットが活かされるのです。

因みに、会社と言うのは世間に対して、決算公告、合併や資本減少などの公告を行う義務が有ると言います。
公告には、官報に掲載する方法、日刊新聞紙に掲載する方法、そしてインターネットでの電子公告による方法などがあり、定款の中で定めることで有利な方法での公告が可能になるのです。

このように、定款の中で定めることで会社としての有利な経営が可能になると言う事でもあるのです。

所で、新会社法が施行されたことで取締役の人数は3名以上というものから1名以上と言う形に変更されています。
また、従来は取締役を3名以上専任し、更に取締役会の設置が義務付けられていたのです。

但し、従来存在していた有限会社においては、この取締役会の設置義務はなく、しかも取締役の人数についても制約が設けられていなかったのです。

取締役の選任が出来なくて有限会社を設立した起業家の人も多いとされるのですが、新会社法が施行され、現在では取締役の人数の緩和や取締役会の設置義務などが無くなっているのです。

因みに、定款の中には相対的記載事項と呼ばれる部分があり、特別定める必要はないのですが、ここで定めておくことで効力を持たせる事項が有ります。

この相対的記載事項の中で、取締役会の招集通知期間の短縮や、決議の省略などを定めておくことで、取締役会の招集通知(定款の中で定めなければ通常は1週間前までに通知が必要になります)を短縮する事が出来たり、決議の目的となる事項について提案をした場合、会に参加する全ての人が書面もしくは電磁的記録により同意を意思表示した場合は、当該提案を可否するための決議が有ったものとみなせる、と言った効力を持たせることが出来るようになるのです。

そのため、会社設立では様々な要件において一つ一つを策定していくとが重要であると言われているのです。

Copyright© 2016 会社設立が格安でできてしまう便利な代行システムを活用するために All Rights Reserved.